2008年04月13日

精油入りの美肌水に日本酒を!?

この前の日記で、美肌水にエッセンシャルオイル(精油)を加えてほんのり香りのついた化粧水を楽しんでいることを書きました。
http://happy-mind.seesaa.net/article/92006937.html

精油は水に溶けないので、あらかじめアルコールで溶かす方法もある、と書いてから気づきました。

日本酒って、アルコールですよね・・・(当たり前)

日本酒入りの化粧水も売られているし、日本酒そのものを化粧水として使っている方もいます。
お風呂に日本酒を入れる入浴法もあり。
(肌がツヤツヤすべすべになるそうですよ!)

酒どころの東北や北陸は女性の肌が美しいというし、酒造りの杜氏さんの手は男性なのにとても色白ですべすべしているとも言います。

日本酒は、肌を美しくするらしい。

というわけで、美肌水にエッセンシャルオイルを入れる時、日本酒で溶いてみることにしました。

小びんに入れた日本酒に精油を入れたら、さーーーっと気持ちいいくらい溶けました。
ちょっと感動。
水だと、いくら振り混ぜても細かい精油の粒々が消えないのに。(時間が経つと粒が大きくなります)

分量は適当なのですが、初めは精油を溶かすためだけに、本当にちょっぴり。
パッチテストをして実際に使ってみて、日本酒が肌に合っているようならもう少し増やしてもいいと思います。
お酒の匂いがするので、苦手な人は減らしましょう。

日本酒入り美肌水として、ちゃんとレシピにしてみようかな。
精油を入れない時でも、日本酒だけ入れてもいいですね。

ただし、大事なのは、ここは良い日本酒を使うこと。
飲んでもおいしい、純米とか吟醸の品質のいい日本酒を使いましょう。
胃の粘膜より肌の方が敏感なので、飲む時以上に良いものを。

今日から楽しみに使っていきます♪


posted by アクアマリン at 10:40| Comment(0) | アロマテラピー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月04日

美肌水でアロマテラピー

美肌水は安価でシンプルで、肌に悪いものが何も入っていないので安心!
でも、香りがまったくないので時にはちょっと寂しく感じます。

そこで、美肌水を希釈したところに好きな香りのエッセンシャルオイル(精油)を加えてみました。 

合成の香料は苦手ですが、自然のものがほんのり香るのは使っていて幸せな気分になります。

私が好きなのはカモミール。
カモミールはりんごのような、ほのかな優しい香りです。

ローズウッド、ジャスミン、フランキンセンスもいいですね。  

精油を加えた時は、通常より早めに使い切った方がいいので、30mlや50mlなど、少なめに作ります。
希釈濃度は1%未満に。美肌水が50mlなら、10滴で1%です。
ただ顔に直接つけるので、0.5%くらいのほうが安心です。
つまり、50mlに対して5滴くらい。

精油は水に溶けないので、少量ずつ加えてよく混ぜます。
また、美肌水を使う前に毎回よく振り混ぜます。

少量のアルコールで精油を溶かしてから加える方法もあります。
ただ、アルコールが肌に刺激になる場合もあるので、私は入れませんでした。

もっとも、精油が直接肌につく方がアルコールよりもっと肌に悪そうなので要注意。
使う前に毎回必ず、ていねいに振り混ぜることをお忘れなく。


posted by アクアマリン at 19:15| Comment(0) | アロマテラピー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月10日

アロマバスでゆったりアロマテラピー 

この季節のアロマテラピーの大きな楽しみは、何といってもアロマバスですね〜。
一番大きな楽しみと言ってもいいかな。

時間がゆっくり取れたので、昨日はゆったりのんびりお湯につかりました。

浴槽に入れるエッセンシャルオイルは、定番のラベンダーもいいですし、ローズ、カモミールも幸せ。
ヒノキなどもすごくいいです。日本人でよかった〜という気持ちになります。

扱っていないお店も多いですが、「ゆず」のエッセンシャルオイルもあるんですよ。
ゆずだと、まさに「ゆず湯」です。
ニッポン!という感じ。

昨日はローズウッドを入れました。
私は半身浴なので、3滴くらい。たっぷりのお湯なら5〜6滴くらい。
オイルを2種類くらい混ぜるともっと複雑な香りになります。

ぬくぬくと温まって、幸せ。
湯冷めしにくいのも、冷え性の私には幸せなところです。


posted by アクアマリン at 17:12| Comment(0) | アロマテラピー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。