2008年04月08日

The Moses Code (モーゼスコード)上映会

昨日、EFT−Japanが主催するThe Moses Code (モーゼスコード)上映会に行ってきました。
http://www.eft-japan.com/

大雨という予報の中、ちょっと小止みでよかった♪と思いつつ、
小田急線の代々木八幡駅にある「代々木八幡区民会館」へ。
(帰りは本降りになりました)

何ゆえこんなローカルな。。。
代々木八幡駅は各駅停車しか停まらない駅で、場所もちょっと不便だし、
会場もいかにも「公的施設」というか。
ホールは昔なつかしい、小学校の講堂を思い出しました (^^

実はこの「The Moses Code 上映会」は、世界中で4日間しか開催されません。
日本では4/4の大阪、4/7の東京の、2会場のみです。

厳しい契約に則って日本での上映権を得たそうで、
料金は2,000円なので会場費用を低く抑えたのでしょう。

2会場2日間のみなので、かなり多数のキャンセル待ちが出たそうです。

私は、3/15−16のEFT−Japan主催
「引き寄せの法則&EFTコンビネーションセミナー」に参加して、
そのセミナーの中で上映会の告知があったので
その場で料金をお支払して申し込みました。

世界中で4日間だけの、キャンセル待ちが多数出た
貴重な上映会に参加してあの場所にいることができて、
本当に幸運だったと思います。
(これが、「いい引き寄せ」ということなのです♪)


映画は、「モーゼの暗号」という話から始まります。

私は聖書の素養がないので、あった方が理解が深まるかもしれませんが、
なくても引き込まれました。

聖書に書かれている神の言葉

「I AM THAT I AM」

これを読み解く鍵、つまりモーゼの暗号(The Moses Code)は、実は・・・
という話が展開していきます。


「The Secret」が「引き寄せの法則」として日本でも紹介され、
短い期間にかなり知られるようになりました。

私が引き寄せの法則を知ったのも最近のこと、去年の7月頃です。


「−The Secretによって世界中に引き寄せの法則の嵐が吹き起きた−

そこに秘められた内容は、一個人としての世界に「物を引き寄せる方法について
伝えるものでした。

そこで学び、欲しいものを手に入れる方法を教えられた人々は
望んでいるものや状況を引き寄せる方法を身につけようとしています。

そして今、その「コツ」が少しずつつかめてきた皆さんに
次のステージを展開するのが「 The Moses Code 」なのです!

「 I AM THAT I AM 」

あなたに魂レベルでの引き寄せをお伝えします」
(EFT−Japan より)


私はまだ引き寄せの法則を使いこなせるところまで
行けていないのですが、
さらに一段上のレベルの話を聞いて、

自分がとても高尚なものにふれたという感覚・・・
敬虔な気持ちになりました。


シンプルな気づきが一つ。
それは、

「人は、自分が発したものを受け取る」

ということです。



引き寄せの法則は、今とても関心のあるテーマ。
随時ここで書いていきます。


posted by アクアマリン at 20:47| Comment(0) | 引き寄せの法則 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。